ケミカルピーリング

古い角質を取ってつるつる肌になる

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を塗り、表皮の古くなった角質を化学的に融解して剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトでは、クレオパトラが皮膚を滑らかにするために、乳酸のサワーミルクの湯に入浴していたと伝えられています。その後、欧米での研究が進み、日本においては1994年よりケミカルピーリングが広まりました。

「酸」というと肌を溶かすイメージを抱きがちですが、実際は代謝の低下している肌に対して、角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあります。
この治療に伴う軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、さらには角化細胞の形状や配列を整え、角質層の構造および機能を改善させる作用が得られ、本来のきめ細かでハリのある肌の組織構成に戻す効果があります。

この作用により、くすみ、にきびの改善に効果があります。特に、にきびには高い効果が認められています。様々な濃度のグリコール酸を使い分けて、ひどいときには1週間ごとにピーリングを行い、状態がよくなれば間隔を伸ばしていきます。数回で効果を感じられ、回数を重ねるにつれてさらに効果が増していきます。

ケミカルピーリングといえばグリコール酸ピーリングが代表的でしたが、マクロピール(サリチル酸マクロゴール)という方法もあります

マクロピール(サリチル酸マクロゴール)は従来のグリコール酸ピーリングがお肌に合わなかった方も受けることができます。皮脂腺から血中への薬剤移行が無いため、治療中の痛み・発赤・炎症がほとんど起こらず、皮膚の角質層(表皮・毛穴)のみ穏やかに、かつ均一に剥離するので従来のピーリング治療と比べ安全で効果的で新しいピーリングといえます。

特ににきびや脂性肌の改善に効果的で毛穴一つ一つに入り込み皮脂の詰まりを取り除くことによってにきびの原因を絶つだけでなく、徐々に毛穴を引き締めにきびの出来にくい肌質を作ります。

サリチル酸マクロゴールは角質溶解除去作用の効果が高いので頻繁に通院する必要がないばかりでなく、薬剤が毛穴の中まで入り込み均一に角質を除去する方法はマクロピール(サリチル酸マクロゴール)だけです。
肌のターンオーバーを正常にするため(若々しい肌を保つには28日周期のターンオーバーが理想とされていますが、現代の20代女性平均は35日~40日と言われています)刺激を受けた肌深部ではコラーゲンやエラスチンが増加し、お肌にハリがでて化粧のりがよくなり、サリチル酸マクロゴールの特徴である高い美白効果を実感していただけます。
回数を重ねるにつれて皮膚が柔らかくなり毛穴が小さくなるのが実感できます。