目の上・目の下のたるみとり

どちらも余分な皮膚や脂肪を切り取り縫い合わせる方法です

目の上のたるみとり

上瞼は外側からたるんで落ちてきます。俗に三角目と呼ばれますが、皮膚がたるんでかぶさってくるので、目が開けにくくなります。
瞼を挙げる筋肉だけでは十分ではないので、額の筋肉をも使って挙げようとするので、必然的に額のシワも出現し、 また目と眉毛が離れる特徴的な顔貌になります。
詳しく上瞼の状態を見てみると、皮膚が伸びることによって二重瞼、三重瞼になる場合と、皮膚が厚く垂れ下がってくる場合があります。
二重のラインだけの修正であれば埋没法でも可能ですが、 たるみが大きい場合は余分な皮膚や脂肪を取り除く手術となります。
目の上は二重のラインにそって切開を行い、傷を目立たないようにします

目の下のたるみとり
目まぶたのたるみは、下まぶたのまつ毛のすぐ下に切開をいれ、 余分な脂肪は取り除きます。場合によっては位置をずらしてへこみを膨らますために用いることもあります。あとは筋肉をつりあげ、余分な皮膚を取り除き縫い合わせます(ハムラ法)

PRP治療が進歩し、最近ではPRP治療を行えば、ほとんどの方で目の下のたるみを治すことができるようになったため現在はPRP治療を行うことが多くなりました
PRPだと目の下に傷も残らず、多くのケースで人知れず治療を行うことができています